あいどりっち

アイドル気分で毎日をリッチに。

2017/11/17開催「!important #おかわり - think more! -」レビュー

 

こんにちは。

自分の“好きエネルギー!!”を利用して、世の見知らぬだれかに貢献するため、最近WEBライティングの勉強を始めたおゆきです。

 

「自分の文章をもっとたくさんの人に読んでもらいたい…」

「ほんとは困ってる人にきちんと役立つ情報を届けたいんだけどな…」

「もっと読んだ人が行動したくなる文章を書けるようになりたい…!」

そんな課題を感じながら日々を過ごしていました。

 

 

そんなとき、会社の後輩から教えてもらったのが「!important #おかわり - think more! -」というセミナーイベント。

 

何かヒントを得られるのでは…と、思いきって参加してきました!

 

 

この記事では、「!important #おかわり - think more! -」のおおまかな内容や、個人的な感想をまとめていきたいと思います。

 

目次

 

 

「!important」とは?

 

「!important」は、ウェブ制作者の知識向上を目的として、福岡で不定期開催されているセミナーイベント。

 

デザイン・マーケティング・ライティング等を切り口に、毎回異なる講師が招かれるようです。


 

過去に4回開催されてきた中で、第1回目は株式会社ウェブライダーの松尾茂起さんが、第3回目は株式会社デスクトップワークスの田口真行さんが、講師をされていました。

 

今回、このお二人が「!important #おかわり - Think more! -」というタイトルで再び登壇されることに。

 

この度、わたしは広島から初参加!

他にも県外から参加の方が結構いらっしゃいました。

 

 

田口真行さんの「プレゼン思考」セミナー


f:id:oyuki-kt:20171118193929j:image

前半の講師は、田口真行さん。

テーマはプレゼンテーションです。

 

受け手の行動を後押しするという意味では、ライティングとも共通するポイントがあるハズ…!

 

何より、わたしも会社で営業の仕事をさせてもらうことがあるので、これは聞いておかねば!という思いで参加しました。

 

 

大きくまとめると以下のような流れでした。

 

  • ワーク「最高の自己紹介をする」
  • 田口さんからのありがたいお言葉
  • ワーク「ももたろうをプレゼンする」
  • 田口さんからのありがたいお言葉
  • ワーク「好きなものと嫌いなものをプレゼンする」
  • 田口さんからのありがたいお言葉

 

 

プレゼンワークの雰囲気

 

セミナー開始早々、「チーム対抗で最高の自己紹介をせよ!」という田口さんからの無茶ぶりが。

 

正直、緊張で汗が止まりませんでした…!(笑)

 

皆さん決められた時間の中で試行錯誤し、いろんな自己紹介をしていらっしゃいました。

 

 

ちなみにわたしたちのチームは、「とにかく覚えてもらうことを目的にしよう!」と、それぞれキャッチフレーズを作って『ゴレンジャー風に自己紹介する』ことに。

 

皆さんの前で「村上ピンク!」(わたしの苗字です)と言い放ったときの、なんともいえない空気感は忘れられません…(笑)

 

 

他にもいろんなワークを通して、田口さんからフィードバックをいただき、役立つテクニックを楽しみながら学びました。

 

「楽しみながら」と言いましたが、今回わたしは本当に楽しかったです!

 

理由はズバリ2つ。

 

1つ目は、田口さんのいわゆる“いじりテクニック”が炸裂していたこと。

田口さんと参加者の距離感がちょうど良く、終始笑いの絶えない素敵な空間でした。

 

2つ目は、参加者の方々がフレンドリーで積極的だったこと。

前のめりで取り組まれる皆さんの姿にわたし自身とても刺激を受けました。

 

 

田口さんのセミナーで得られたこと

 

「ワークに取り組む→ポイントをおさえる」という流れが基本になっていたおかげで、具体的な事例を体感しながらプレゼンテーションのノウハウを学べました。

 

「プレゼン準備では何を意識するべきか?」

「スライドはどう活用するのが効果的か?」

「プレゼン中の目線はどこに持っていくか?」

 

あまり書きすぎるとネタバレになってしまう(?)ので控えますが…

 

ーー<2017/11/19追記>ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一番印象に残ったポイントだけご紹介。

田口さんいわく、重要なのは「どんな反応がくるか予想しておくこと」

 

たとえば、共感?驚き?失笑?などなど…

受け手の「反応」を予想できれば、大勢の前でも緊張しなくなり、いずれは「反応」のコントロールができるようになるのだとか。(!!)

 

プレゼンをする、となったらつい「中身」ばかり気にしがちですが、まず受け手の「反応」に意識を向ける。

 

これはライティングにも応用できる考え方だと思いました…!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

とにかく、プレゼンテーションに対して苦手意識を持っていたわたしも、今回のセミナーで少し心が軽くなりました。

 

苦手なことも楽しみながら学べたのは、田口さんの魔法でした…!!

 

 

セミナーの最後に、田口さんの作られている「Webディレクター手帳」の紹介が。

 

競合分析やペルソナ設計など、「制作の前段階」をサポートしてくれる手帳のようです。

 

ホワイトボード風のシート付きとのことで、お客さんとの会議が盛り上がりそうですね!

 

 

 

松尾茂起さんの「マジカルマーケティングツアー」セミナー


f:id:oyuki-kt:20171118202715j:image

後半の講師は松尾茂起さん。

テーマはマーケティングです。

 

松尾さんには以前からお世話になっており、SNSもフォローさせていただいてました。


特に松尾さんのTwitterアカウントには、WEBライティングのヒントがたくさん散りばめられているので、チェックするのが毎日の日課になっています。

 

 

 

今回のセミナーは以下のような流れでした。

 

  1. MacBook Proを松尾さんに売るには?
  2. なぜ芸能人は占い師と仲良くなるのか?
  3. しずかちゃんを納得させるには?
  • 信頼を得て成功しているコンテンツ事例
  • 松尾さん実演「リアルタイム推敲」

 

 

信頼とは?ワークで学んだこと

 

いくつかワークがありましたが、そのひとつが「のび太と結婚していいか悩むしずかちゃんを第三者の立場から納得させる」というもの。

 

実際に提案に入る前に、しずかちゃんとの距離を縮めることがひとつの鍵になります。

 

ちなみにわたしたちのチームは、『のび太と結婚すれば、周りの女から妬まれずに済むよ!』という少し失礼な提案内容に…(笑)

 

とにもかくにも、「距離を縮める→提案する」の流れを、体で実践することができました。

 

 

いろんなワークに取り組む中で、松尾さんが普段SNSで発信されている重要なキーワードもたくさん出てきました。

 

たとえば、

「読み手との距離感をコントロールする」

「説得するのではなく納得してもらう」

などなど…

 

実例を見ながら、その本質をより深く理解できる良い機会になりました。

 

 

最大の見どころ「リアルタイム推敲」

 

そして最大の見どころは、松尾さん実演の「リアルタイム推敲」

 

「推敲(すいこう)」とは、文章をよりよくするために何度も練り直して修正すること。

 

今回は「ダイエット」をテーマにした文章を、松尾さんが推敲して見せてくださいました。

 

 

まずは株式会社WEBライダーさんから、2017年10月にリリースされた校閲ツール「文賢」を使います。

 

 

使い方は、ツールの入力欄に現状の文章をコピペするだけ。

 

読みやすい文章になるよう、赤ペン先生のように機械が添削してくれるので、必要に応じて修正していきます。(めちゃ便利!)

 

そのあと、10のポイントに従って人の目で文章を直していきます。

 

松尾さん流のエッセンスが詰まったノウハウで、みるみるうちに文章がブラッシュアップされていきました。

 

 

文章の内容も素晴らしいのですが、わたしが印象に残っているのは、松尾さんが楽しそうに推敲されている姿


わたしもあんな風にライティングしたい!と、目指すべき姿をこの目で見られた気がします。

 

 

まとめ

 

セミナーを通して学びを得たのはもちろん、講師のお2人や、参加者の方々と接することで、刺激を受ける良い機会になりました。

 

わたしも、一朝一夕で人の心を動かせるようになれるとは思っていません。

 

日々刺激を受けながら、トライ&エラーで学び続けることが大切だと感じました。

 

今回、関わっていただいた皆さんには感謝の気持ちを伝えたいです。

 

 

「!important」はシリーズ化されたイベントのようなので、また近々開催されるかもしれませんね。

 

Facebookページもあるみたいなので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか??